トップ / 断食の回復食にも炭酸水を

断食をするなら炭酸水

断食の回復食にも炭酸水を

断食の回復食の期間も炭酸水

断食の時にも、空腹感を紛らわしたりするために炭酸水は効果があります。でも、断食と炭酸水の友好関係は、断食中だけのものではありません。断食終了後の回復期にも、炭酸水は強い味方になってくれるのです。

まず、回復期とはなんでしょうか?
回復期とは、断食終了後から普通の食事に戻すまでの4日程度の期間のことを指します。断食後、いきなり通常の食事に戻ってしまうと、断食中に活動を休んでいた消化器官は、急な刺激に、胃腸の痛みなどの反応を引き起こすことがあります。

さらに、断食の後は、体が栄養を吸収しやすい状態になっていますから、そこに普通の食事や高カロリーの食事が与えられると、普通以上に栄養を吸収し、それがリバウンドの原因になります。ですから、回復期間は、重湯、おかゆ、具の入っていない味噌汁など胃腸にやさしく、薄味の食事から始めて、徐々に普通の食事に戻すわけです。

しかし回復期でつらいのは、今まで食べ物をずっとガマンしていたので、あれも食べたい、これも食べたい、もっと食べたいという欲求と闘わなければならないことです。そんな気持ちの時に、強い味方になるのが、炭酸水です。回復期の、食事の前に、炭酸水を飲んでおけば、お腹の中で炭酸ガスが膨らみ、お腹いっぱいになったと脳が錯覚します。そうすれば、いっぱい食べたいという気持ちも収まるわけです。

断食の期間と、その後の回復期の両方が、健康維持やダイエットなどのためにはとても大切であると言うことです。断食の最中にも空腹感をすぐに解消するために炭酸水は効果的ですが、回復期間の暴飲暴食を抑制するためにも炭酸水は効果があります。断食ダイエットに成功した後も、リバウンドが心配であれば、回復期の食事の時だけでなく、その後の日常の食事の時にも、炭酸水を飲むと食事の量を上手にコントロールできるでしょう。

Copyright © 断食の飲み物には炭酸水が良い All rights reserved